利用相談

支援相談室
 TEL 078-578-3333

どのサービスが適しているかなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
様々なご利用方法をご用意しております。 相談員はじめ各専門職が対応させていただきます。
ご利用方法
■入所の主なご利用の流れ
  • 支援相談室に連絡
  • 入所判定会議
  • 入所(必要時・自宅訪問指導)
  • 集中的リハビリテーション・ケア
  • 担当者会議(定期的)
  • 退所前自宅訪問指導
  • 退所
  • 関係機関へ報告
  • アフターフォロー
  • 通所リハビリ・訪問リハビリなど
■ご利用方法

入所リハビリテーション

集中的リハビリテーションサービス

入所
目的
在宅復帰・継続のための主に集中的なリハビリテーションを実施
期間
1~3か月での利用
対象
要介護1~5の認定を受けている方
内容
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門的で集中的なリハビリテーションと共に、普段の生活もすべてをリハビリテーションととらえ、介護職等によるリハビリテーションも行います。
  1. 回復期
    ⇒ 急性期病院退院後や、回復期リハビリテーションを十分に受けられなかった方
  2. リコンディショニング
    ⇒ 在宅生活を送っていたが少し体力やADL(日常生活動作)が低下した方、歩き方を改善したい方
  3. その他もご相談ください。柔軟に対応いたします。
コンセプト
自分でできることは極力自分でしていただき、できない部分はご本人の潜在能力を最大限引き出す方法や仕組みで支援いたします。 ご自分の意思決定を尊重します。 そして、安心してご自宅に帰られるように支援します。

短期入所療養介護(ショートステイ)

通常レスパイトだけでなく、短期間の課題解決できる様々なサービスを提案します

ショートステイ
目的
短期間で達成できる明確な目標での利用
期間
1か月以内
対象
要支援1・2、要介護1~5の認定を受けている方
内容
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門的で集中的なリハビリテーションと共に、普段の生活もすべてをリハビリテーションととらえ、介護職等によるリハビリテーションも行います。
短期間のため以下のようなコースも用意しております。
  1. 機能改善
    ⇒ 法人内医療機関で実施のボトックス治療後や装具作成後のリハビリテーション
  2. 服薬管理、健康管理調整
    ⇒ 施設長、看護師が主治医と連携して行います
  3. レスパイト
    ⇒ 介護をされる方、ご本人さまの休息、または緊急時の利用
  4. 住宅環境整備
    ⇒ 住宅を工事したり、必要な福祉用具が導入されるまでの間
コンセプト
今までのレスパイト入所だけでなく、上記のような鵠芭特有のコースを用意しており、生活機能を短期間で改善する方法の提案を多数ご用意しています。 お気軽にご相談ください。

通所リハビリテーション

リハビリのみの1~2時間型(食事・入浴なし)

通所リハビリテーション
目的
在宅生活の維持のために、主に運動やリハビリテーションに特化して実施
期間
なし。回数は週に1~3回が目安(要介護度やご要望により変わります)
対象
要支援1・2、要介護1~5の認定を受けている方
内容
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門的で集中的なリハビリテーションと共に、普段の生活もすべてをリハビリテーションととらえ、介護職等によるリハビリテーションも行います。 さらに運動トレーナーにより、「楽しくなる、心も体も元気になる」を合言葉に集団トレーニングも行います。
短期間のため以下のようなコースも用意しております。
  1. 歩行の改善
    ⇒ 歩き方、速さ、見た目等
  2. ADL
    ⇒ 日常生活動作(排せつ、食事、更衣、入浴、整容)の改善
  3. IADL
    ⇒ 手段的日常生活動作(買い物、調理、家事、掃除、電話対応)の改善
コンセプト
短時間のため、スポーツジムのような感覚で来ていただいて、短時間で集中して運動やリハビリテーションを行っていただきます。 いい汗をかいて、心身共にリフレッシュしてください。
送迎範囲
兵庫区、長田区、須磨区と中央区は一部

訪問リハビリテーション

運動特化型、目的指向型

訪問リハビリテーション
目的
在宅生活の維持のために、リハビリ専門職がご自宅に訪問して、主に運動やリハビリテーションに特化して実施(適宜、住宅改善や福祉用具の提案も行います)
期間
なし。回数は週に1~2回が目安(要介護度やご要望により変わります)
対象
要支援1・2、要介護1~5の認定を受けている方
内容
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による専門的で集中的なリハビリテーションを行います。
  1. 歩行の改善
    ⇒ 歩き方、速さ、見た目等
  2. ADL
    ⇒ 日常生活動作(排せつ、食事、更衣、入浴、整容)の改善
  3. IADL
    ⇒ 手段的日常生活動作(買い物、調理、家事、掃除、電話対応)の改善
コンセプト
ご自宅でのリハビリテーションになりますので、より実際の生活で「できる.」ことを増やしていきます。 または、在宅生活を維持できるように、安全に安心してできる方法もご提案致します。
訪問範囲
兵庫区、長田区、須磨区と中央区は一部
ページトップへ戻る